がんは怖くない

 

 自分にがんの疑いがあると告げられたときのショックは、計り知れないものがあります。家族ががんになったときも同様でしょう。取り乱し、何も手に付かず放心状態になり、落ち込んでしまう人がほとんどです。なぜそうなるかといえば、「がんの告知=死の宣告」と受け止めてしまうからにほかなりません。

 

 しかし医師として言えば、不安があることはよくわかりますが、なにもその時点で、そこまでショックを受ける必要はないということがほとんどです。

 

 あなたは、がんという病気がどういうものか、本当にわかっていますか? ただテレビドラマや映画などで見たことのある、末期がんの恐ろしい状態だけを思い描いていないでしょうか。

 

 現代は日本人の3人に1人ががんで亡くなり、2人に1人はがんにかかるという時代です。しかし、がんは怖い病気だ、といった漠然としたイメージだけがあり、その実態について正しい知識を持っている人は非常に少ないのが現実だと思います。

 

 いま大事なのは、がんという病気について正しい知識を得ることです。なぜなら、恐怖は無知から生まれるからです。逆に言えば、恐怖は知ることで薄れます。

進行しなければがんは怖くない

 

 まず、がんはとても痛みを感じるとか、非常に苦しむ病気というイメージがありますが、がんは相当進行しなければ、痛くもかゆくもありません。たいていの人は告知されたばかりの時点では、どこも具合が悪くないことが多いものです。それなのに、がんだと言われたとたん、末期がんで苦しむ人のイメージを自分に重ね合わせてパニックになってしまいます。

 

 でも、よく考えてみてください。がんが見つかったのは最近でも、がんが身体に発生したのは、ずっと以前のことです。つまり、ずいぶん前からがんがあったにもかかわらず、気がつかなかったということは、症状がないということです。

 

 がんがあっても、まったく苦痛がなく、食欲も普通にあり、日常生活に何も支障がない場合も珍しくありません。痛みや違和感などの症状を訴える人でも、その大半はがんとは直接関係ないこともよくあります。

 

 多くの人が誤解していることですが、がん細胞そのものに痛みや苦痛を引き起こす性質はありません。もしがんの治療中、日常生活に支障があるとすれば、その多くはがん細胞やその塊がつくり出すというよりも、がんの治療によって引き起こされることのほうが多いといえます。

 

 つまり一般的ながんのイメージのように、痛みに苦しみ、痩せて、生気を失う状態は、がんがかなり進行して治療ができない状況やそれに近いときのことです。がん細胞が初めて身体の中で発生してからの時間の経過を考えれば、それは本当に最後の最後の一時期でしかありません。したがって、これから治療を行う人や行っている最中の人にとっては、その状態を想像することは、いたずらに不安をあおるだけで、まったく意味のないことなのです。

 

 このように正しい知識があれば、がんを必要以上に恐れることはありません。しかし医療関係者でない一般の人が、がんについて正しい知識を得るのはなかなか難しいことです。

 

 患者さんの中には、自分ががんという病気である事実を受け止めようとして、いろいろ調べてみる人がいます。しかし今の世の中は情報が多すぎるため、多くの場合、かえって混乱することが多いようです。患者さんの体験談を参考にする人もいますが、状況が異なる人の治療内容を鵜呑みにすることは危険な場合すらあります。

 

忙しくて十分な説明ができない医師

 

 自分で調べてもよくわからないから、診察してもらっている先生に詳しく聞いてみても、患者側が期待するほどの答えをもらえることは、まずありません。なぜなら医師は非常に忙しく、がん患者は大勢いるからです。

 

 主治医は必要最低限のことしか答えてくれず、結局よくわからないまま、治療が始まっていきます。そうして決して患者さんの疑問や不安が解消されたわけではなく、ただ医師の用意した道を突き進むだけのことがほとんどです。

 

 この不安は、知らない夜道を歩くときの気持ちに似ているかもしれません。同じ道でも、明るい日中であればさほど怖くないものです。ディズニーランドに「スペースマウンテン」という暗闇の中を進むジェットコースターがありますが、あれがもし明るい屋外であれば、それほどスリルを味わうことはないはずです。

 

 つまり「知ること」には恐怖をやわらげる効果があるのです。のちほど詳しく説明しますが、精神的に落ち込み、将来を悲観することは身体の免疫を低下させてしまいます。

 

 したがってがんを告知されたら、まずしなければいけないのは、がんは怖いという表面的なイメージにとらわれるのではなく、がんという病気の実態を知ることです。がんという病気の内容や行く末を本当に理解することで、今後の対策を立てることができるのです。