この記事は……。

  • 性感染症を予防したい
  • HPVのワクチンを打ちたい
  • パートナーを守って幸せな時間を作りたい

こんなことを考えている人にオススメの記事です。

 

 

HPVとは何か?

HPVは日本語ではヒト乳頭腫ウィルスと言い、
女性であれば80%以上、男性は90%以上が生涯で一度は何らかのHPVに感染すると言われています。
また、ハイリスクHPVには50%の女性が感染すると言われています。

 

HPVは男女感染します。
とくに女性はHPVによる子宮頸がんの感染がほとんどです。
男性では中咽頭がん、陰茎がん、肛門がんなどの性交に関わる部位でのがん化に関連しています。(60?90%程度の割合がHPV感染によるものとされています)
そのためHPVに感染している男性から、
性交によって女性へと感染させてしまった場合は、
これらのがんを引き起こさせてしまう可能性が非常に高まります。

 

【ぺいるーと】でHPVワクチン接種のメリット

男性がHPVワクチンを接種するメリットは、
性交時のパートナーからのHPV感染を防ぎ、
未然に『がん』を回避することにあります。
ですが「【ぺいるーと】」でワクチン接種をするならほとんど費用はかかりません。

 

HPVワクチンの費用は高い!?でも【ぺいるーと】なら費用も安心

まだ日本では承認されていないので、
HPVワクチンを接種すると数万円以上?の高額な費用がかかります。
ただ【ぺいるーと】」の治験に参加すれば、
費用は交通費や初診料・再診料のみだけです。
また治験参加者は「負担軽減費」として支払われるお金を受け取ることができます♪
ほとんどお金を払わずにワクチンをうってもらえるんです。

 

また負担軽減費という謝礼も通院毎に受け取ることができます。

 

【ぺいるーと】の信頼性

【【ぺいるーと】】は業界トップクラスのモニター数を誇っており、
東京では治験実施数は全国No.1の実績があります。

 

【ぺいるーと】の治験はどこで受けられる?

HPVワクチンのワクチン接種は
茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/東京都/神奈川/大阪府/京都府/兵庫/奈良
などなど全国から受けられます!
↓のリンクより公式サイトにアクセスできます。

 

【ぺいるーと】で不安や不幸を未然に防ぐ

がんは一度かかると重症化しやすい病気です。
また金銭的・精神的にも多大な負担がかかります。
ですが【ぺいるーと】の治験に参加すれば、
そんな不安を未然に防ぐことができます。
パートナーと幸せな時間を送りたいなら
何よりも優先して治験に向かうことを強くオススメします。

 

 


 

 がん告知後

 がん告知後の落ち込みが強く、引きこもってしまうと、ガンの治療にさまざまな悪影響をおよぼします。

 

 意識が「ガン」のことばかりに集中すると、精神的な苦痛、ストレスで免疫力が低下します。体を動かすことが少なくなるので、当然、筋肉も減ります。さらに、食欲もなくなり、栄養状態も悪化するおそれがあります。

 

 後でくわしくお伝えしますが、ガン治療前に筋肉(骨格筋)の量や筋力が低下している患者さんは、手術や抗ガン剤治療後の合併症、副作用、さらには死亡率が高まることがわかっています。ですから、引きこもったまま、治療に突入することだけは、絶対にさけないといけません。

 

 まずは、ガンになったら家族や親しい友人などに、不安な気持ちを話してみましょう。人に相談することで頭の中が整理され、心が落ち着きます。気晴らしに、自然のなかに出かける、散歩する、趣味のスポーツをする、あるいは好きな映画やテレビを見るなど、リラックスし、気持ちがよくなることをしてみましょう。

 

 それでも、1日中落ち込んだ状態になり、告知から2週間以上続く場合、専門医(心療内科、精神科、あるいは精神腫瘍科の医師)の受診をすすめます。家族の1人がガンと告知され、引きこもっていると感じるときも同じです。

 

 このようなときは、主治医に相談してみましょう。対応策を考え、必要な場合は専門医受診の手配をすすめてくれるでしょう。

 主治医に話しにくい、話しても取り合ってもらえないなら、看護師、あるいは、「がん相談支援センター(全国のがん診療連携拠点病院などに設置されているガンに関する相談窓口)」のスタッフに相談する、お近くの心療内科や精神科のクリニック(メンタルクリニック)を直接受診するのもいいでしょう。

 

 日本では、ガン患者さんの心のケアが軽視されてきました。心療内科や精神科は敷居が高いと感じたり、受診を嫌がったりする人も多いのです。

 

 しかし、落ち込みが続く状態では生活に支障がでますし、治療もうまくいかないでしょう。

 

 ガンを克服するためには、告知後の落ち込みから1日でも早く立ち直ることが大切です。そのためには、遠慮せずに専門医に頼り、積極的に心のケアを受けるべきなのです。

 

ガンが治る人

 

 いつも最良のシナリオを心に描く

 

ガンが治らない人

 

 いつも最悪のシナリオを心に描く

 

 ガンの告知を受けたほとんどの人が、死≠意識します。たとえ早期ガンであっても、死のイメージがつきまといます。進行ガンではなおさらです。

 

 これは、昔からある「ガン=死」という、誤った固定観念のせいでしょう。

 

 たしかに、有効な治療法が少なかった時代には、ガンは死の病でした。

 

 ガンになったドラマの主人公は必ず最後には死にますし、ガン闘病を告白した有名人が数ヶ月後には死亡した、というニュースが流れることもめずらしくありません。

 

 たとえ主治医から「治療がうまくいけば、治る可能性が高い」と言われたとしても、ガン患者さんはつねに最悪のシナリオを考えがちです。

 

 なかには最悪の事態も想定し、心の準備をしておきたいと思う人がいるかもしれません。

 

 確かに準備は大切です。しかし、このような最悪のシナリオは、誤ったガンのイメージや患者さんの思い込みにもとづいており、取り越し苦労のことが多いのです。

 

ガン患者の6割近くは治る

 

 最近は医療の進歩でガンの治療成績が格段に向上し、「ガン=死」はすでに過去のものになりつつあります。

 

 国立がん研究センターによる最新のデータでは、ガン患者全体の5年生存率はおよそ70%、10年生存率は60%近くまで向上している、という結果でした。

 

 つまり、ガン患者さんの6割近くは治るということです。

 

 今や「ガン=治る病気」、あるいは「ガン=長生きできる病気」とさえ言える時代なのです。

 

 また、「ガンになると必ず痛みに苦しむ」といった誤解がありますが、ガンはそれ自体は痛みません。ガンが大きくなって神経を圧迫したり、骨に転移したり、あるいは臓器を巻き込んでトラブルをおこしたりした場合にだけ、痛みがでてきます。

 

 もし、痛みがでたとしても、大丈夫です。鎮痛剤の進歩で、ガンの痛みはほぼ完全にコントロールできるまでになりました。

 

 最近では、ガンの痛みに対しては「オピオイド」という医療用の麻薬を使います。「麻薬を使うと中毒になる」、「麻薬を使うと寿命が短くなる」、あるいは「麻薬を使う=末期」と思う患者さんが多いのですが、これらはすべて誤解です。

 

 適切に使えば、中毒になることはほとんどなく、寿命が短くなることもありません。また、ガンの早期でも痛みの強さに応じて麻薬を使うこともあるのです。

 

「痛み苦しみながら死んでいく」というガンのイメージも、今や現実からかけ離れたものなのです。

 

 

本来ならば、がんと診断されたときから「緩和ケア」といって肉体的な痛み、精神的な痛み、社会的な痛み、霊的な痛み〈スピリチュアルペイン〉を取り除く治療が必要なのですが、それがなかった。だから、多くの人、あるいはがんで親しい人を亡くした方々のなかには不満がマグマのようにたまっていたのでしょう。

 

 そこにうまく入り込んだのが、「効果もなく副作用が多いだけだから、抗がん剤治療はやめたほうがいい」という“医療否定本”の甘いささやきでした。がん治療に対する不平不満がたまって迷いが生じているところに、「抗がん剤治療は受けないほうがいい」という極論を唱える医者が出てきて、その迷いの受け皿になってしまった。

 

 その結果、まだ早期のがんで、標準治療で十分に治る可能性が高い多くの人のなかにも「抗がん剤は効かないんだ、いらないんだ、やめていいんだ」と極端な方向に走る人が出てきてしまった。それがいま起こってしまっている現象だと思います。

 

 大変な副作用が待っているかもしれない治療を「やらなくていい」と言われれば、多くの人は一瞬、救われます。

 

 でも、それはほんの一瞬のことです。その“医療否定本”が代替案を提案してくれるのかというと、そうではありません。「本物のがんなら放置が一番」と言って終わり。それでは多くの人は救われません。結果、迷える多くの人をかえって増やしているのです。

 

 がんになれば、医者も医者の家族も治療を受けている

 

 もしも「医療否定本」が言うように抗がん剤が何の効果もなく、副作用だけをもたらす薬なら、医者は決して自分では受けないはずです。

 

 でも、実際は、医者だって、がんにかかれば多くの人と同じように抗がん剤治療を受けています。それに医者自身の親や配偶者ががんになった場合も、多くの人と同じように抗がん剤治療を行っています。

 

 抗がん剤治療は受けないと公言している人の意見は目立ちますが、実際は少数派。それに、受けない理由は、「そういう生き方だから」。私自身は、「絶対に受けない」から、気持ちが微妙に変わってきました。

 

 ちなみに、終末期の延命治療として行う胃ろうの場合は、多くの人には行っていても、「自分は絶対に嫌だ」という医者がほとんどです。胃ろうで寿命を延ばせても、決してハッピーな延命ではないということを多くの医者は知っているからでしょう。

 

 でも抗がん剤の場合は、医者だって、医者の家族だって受けている。

 

 その理由の一つは、医者は副作用のことをよく知っているからこそ、「つらいのは当たり前。でも、延命効果があるからやる」と、シンプルに考えているからかもしれません。

 

 副作用のつらさを知らずに治療を受ければ、「なんてひどい治療なんだ」と、多くの人は思うでしょう。

 

 でも、医者は、事前にある程度の覚悟をしているので、治療の効果のほうに目を向けられるのかもしれません。

 

 「世界的な標準治療だから」「訴えられるから」医者は治療する

 

 医者は抗がん剤治療を自分でも受けるし、多くの人にも行う。

 

 その一番の理由は、「標準治療だから」という単純なことです。医学の教科書には、手術と抗がん剤治療と放射線治療ががんの3大治療として書かれています。胃がんには胃がんのガイドラインがあり、大腸がんには大腸がんのガイドラインがあるというように、臓器別にがんのガイドラインがあります。

 

 たとえば胃がんのガイドラインを見ると、ステージ以上の胃がんでは手術後に抗がん剤治療を行うことが勧められていますし、手術でがん細胞を取りきることができない進行した胃がんや再発がんに対しては抗がん剤治療が「第一に考慮されるべき治療法」と書かれているのです。

 

 ただし、最近の抗がん剤の進歩によって腫瘍を縮小する効果は実現できるようになったが、抗がん剤治療によって完全に治癒することは現時点では困難である、ということも添えられています。

 

 そして、抗がん剤治療が標準治療として認められているということは、なにも日本に限ったことではなく、世界的な傾向です。アメリカのガイドラインにも、やはり同じように書かれているのです。だから、抗がん剤治療を行うというのは、医者としてはごく当たり前のこと。

 

 逆に推奨されている治療をせずに、もしも多くの人が亡くなったら? そして遺族から訴えられたら? おそらく訴えられた医者は裁判で負けるでしょう。

 

 多くの人自身が抗がん剤治療を断固拒否して「絶対に受けたくありません。結果に対して文句も言いません」と主張し、同意書にサインしたなら、「やらない」という選択肢もあるでしょうけれど、そうでない限りは、標準治療として推奨されている以上、やらなければ訴えられる可能性がある。だから、医師は抗がん剤治療をやるのです。

 

 実はそれほど医者も病院も「訴えられる」ということに敏感です。ただし、保身に走ってしまうのにも理由があり、弁護士が医療訴訟に力を入れて、急に件数が増えた時期があったのです。当時はマスコミも、医者や病院を叩く記事をよく書いていました。その結果、多くの人側の医療不信がどんどん募っていった。だから「訴えられない」治療を行うためにも、標準治療を守ることは医者にとって絶対なのです。

 

更新履歴